スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --.--.-- | スポンサー広告

    Perfume研究6 ブレイク

     2007年にPerfumeのブレイクが何故起きたのか。ブレイクとは言ってしまえな社会現象だ。多様な価値観を持つ人々にある種の熱狂をもって受け入れられ伝播し認知されてゆく。Perfumeは2006年にアミューズのBE-HIVEプロジェクト終焉と共に解散の危機を迎え大学進学を3人を決めた。その解散の危機を救ったのは徳間レコードからすれば想定以上のCDの販売実績だった。秋葉原を中心とした熱心なPerfumeファンのCDの買い支えとテクノやロックといったアイドルとは違う客層の広がりが販売の下支えをしていた。掟ポルシェやRHYMESTERの宇多丸といった色んなミューシャンの支援も見逃せない。ただ、それでもシングル5千枚、アルバム1万枚が精一杯でブレイクと呼べる程ではなかった。
     2006年10月28日の武蔵野美術大学芸術祭「野外フェスティバル’06」でファン層の広がりを3人は少し感じられはしたが、2007年9月12日のポリリズム発売までは何が起こっているのか彼女達には実感がなかったという。
     2007年2月26日に初回盤が売り切れたため「Perfume~Complete Best」通常盤の発売されると同時に「チョコレートディスコ」が入った「ファン・サーヴィス[sweet]」をリリースする。この2本の販売開始からポリリズムがリリースされる9月末までの販売推移を表にまとめたので見て頂きたい。

    suii2007.jpg


     3月までの動きはこれまでのファン層の広がりの延長で想定できる範囲だが、7月から急激に売上が増え始める。通常であれば考えられない売上推移だ。毎週1500人の新しいファンが増え続けているのだ。この頃はPerfumeのCDを置いているレンタルCDショップはなく興味を持った人はCDを購入するしか道はなかった。「ファン・サーヴィス[sweet]」は9月末で1万枚を売り尽くし販売を終了した。「Perfume~Complete Best」はその後も売れ続け2008年4月にGAMEが販売される頃、毎週7千枚を売るピークを迎え(オリコン25位)最終的に20万枚以上のセールスを記録する。これまで秋葉原を中心とした東京近郊のアイドルグループがNHKのAC広告機構のCMに乗ることで一挙に全国区のアイドルとして認知され始めたのだ。それも普通のアイドルとは何か違う新しいアイドル像が一般の家庭に浸透し始めた。

    01 (2)


     木村カエラ「CMのね、CMに出るきっかけがね、このCMディレクターさんが言っていた話によると歌手の木村カエラ22歳がラジオ番組でPerfumeを絶賛し曲を流していたのを偶然聞いたCMディレクターが世代的に新しいのに懐かしいテクノボイスが印象に残ったと起用を決断したと、なんで私を使わないんだと(ムカ!)、これっ、何故だと!(プン!)Perfumeがね応援してたからCMに出れるのは嬉しけど、でも、あたしじゃないですか、このきっかけ、完全に、じゃこれあたしがラジオで自分の曲流してたら、あ。新しい世代的に新しいのに懐かしい、何ボイスっていうんですかね、ナントカボイスとか、私を起用することになったかもしれないですもんね。どんなタイミングで聞いたんですかね。一緒に出れないのかな。あれっ!、Perfume4人だったけみたいな、いつも踊っているという、これはありですよね、この話も偶然聴いてないかな?
     でも、これすごい話ですよね。PerfumeのCM楽しみしとかないとね。でもなんであたしを使わないんだ。私も踊れますからね。チョコレートディスコ・・NHKのCMに出させてくれー!いやーん。でもねPerfumeの人たちおめでとうございます。なんかね、いろんなとこで出てるとね、こっちも嬉しくなるし、ドキドキしますね。」
                            (J-WAVE OH! MY RADIO 2007年06月26日放送)

     PerfumeはNHKのAC広告機構のCMに出れたからブレークしたのだろうか。
     Perfumeが採用される前の2006年からAKB48のメンバーがAC広告機構のCMに出演し、「リデュース・リユース・リサイクルの3Rで地球を救おう」というメッセージを視聴者に投げかけている。出演者は、 AKB48(アキバ48)の篠田麻里子、小嶋陽菜、大嶋麻衣、峯岸みなみ、佐藤由加理だ。



     今でこそ国民的アイドルと呼ばれ、知らぬものはないAKB48だが、2006年頃は全く無名で、メジャーデビューもしていなかった。AKB48劇場(キャパ250名)もまだガラガラ、初日から千秋楽まで満員になるのは2007年春のことだ。そして2008年にはソニーレコードがAKB48を見限って契約を切られ、キングレコードへの移籍を余儀なくされる。そして2009年に選抜総選挙を行い、日本武道館2DAYSコンサート、「RIVER」でオリコン1位を獲得、紅白歌合戦出演と2008年にPerfumeに起こったブレークを追うことになる。

     AC広告機構のCMは電通と博報堂が交代で請け負うのが業界の慣習のようだ。2006年はAKB48の運営に携わっている電通だったことや金のないAC広告機構からすればAKB48は無名でギャラも安く使いやすかったのではないだろうか。
     そういった意味では博報堂の持ち回りの年だった2005年に、「地球温暖化防止大規模「国民運動」推進事業」の企画の一環である打ち水大作戦に参加したPerfumeはギャラも安く企画としても実績があるということで通しやすかったかもしれない。博報堂が2005年に環境省に提出した提案書(環境省で一般公開)を見て頂ければ、打ち水大作戦運営委員会やNHK、AC広告機構が組み込まれているのがわかると思う。2005年という年はCO2削減のためにクールビズを大々的に展開した年で小泉首相や小池環境大臣のプロモーションも企画の一部に入っている。要は公共団体、NPO、企業を使って政府が金を出さずに効率よく宣伝するにはどうすればいいのかという提案書だ。博報堂がPerfumeが打ち水大作戦に参加しアニメの声優をやり「ぱふゅーむ」として「アキハバラブ」というCDをリリースしたことなど知る筈はないが、アミューズのアイドルグループが愛知地球博のイベントに参加したくらいの認識があったかもしれない。

    打ち水
    NHK.jpg


    のっち「きひひ(笑)、ぶっちゃけるとレコーディング中です!!!!!!
     噂によると、大人達の間で Perfumeがついてけないくらい
     なんやもぅわけわからんでかいプロジェクトが動いているらしいっス!!!( ̄―+ ̄)」
                               (2017/5/4のっちブログより)

    ポリリズム歌詞中田氏宅で熟読中


     2007年の4月、新年度入りすると環境保護キャンペーン「リサイクルマーク/エコマーク」が始動する。博報堂は公共機関であるNHKのCMに直接関われないため、関連が深い制作会社TYOが NHKから委託を受けてCMの制作にあたることになる。TYOのディレクターがたまたま木村カエラのラジオ番組でPerfumeのチョコレートディスコを聞き、Perfumeの採用を提案、4月末にはアミューズにオファーがあったと思われる。4年間、現場任せでほったらかしていたアミューズの上層部がPerfumeのために初めて動き始める。CMにカタカナではあるがパフュームというタイトルがついたのはその表れかもしれない。

     『チャンスの神様は前髪しかない』(運命の女神(フォルトゥナ)は、やってきた時に前髪をつかめ、すれ違ってからでは遅い!)

     このチャンスに最も俊敏に動いたのは中田ヤスタカだったのではないだろうか。
     AKB48の時はあくまでも出演者として登場し、グループ名のタイトルもなく、AKB48のメンバーが出ていることに当時誰も気づくものはなかった。
     アミューズはCMのタイアップ曲を作りリリースすることを中田ヤスタカに望んだ。
     中田ヤスタカはクライアントが望むならエコマークを連呼したって別によかったとさえ言い切る。ポリリズムの作曲と作詞は数日で書き上げたと思わる。その後もCM用とか多数のバージョンを要求に応じて作ることになる。5月4日にはのっちのブログにあるようにPerfumeを自宅のスタジオに呼んでレコーディングを終えている。
     ただ、当時ニューヨークにいて演出の勉強をしていたMIKIKOさんの振付はCM制作には間に合わず、サビの振付だけMIKIKOさんの朋友の香瑠鼓さんに依頼している。それだけ7/1のCM公開のスケジュールはタイトだった。制作会社だけではなくNHKやAC広告機構の承認を得るにはかなり時間がかかるため6月23日にCM制作発表したことを考えると5月下旬には編集を含めてCM制作を完了していなければならない。そのCMをまず見てもらいたい。

    NHKのCM(ポリリズム)


    このCMの中で歌われている歌詞を見てみよう。ヤスタカがPerfumeに提供した歌詞には一度もでてこなかい『メッセージ』という言葉が繰り返されている。唯一エレクトロワールドで「本当のことに気づいてしまったの この世界の仕組み キミに手紙残すよ」という『手紙』がこれに近いかもしれない。

     くり返す このポリリズム
     あのメッセージ まるで恋だね
     くり返す いつかみたいな
     あの光景が 甦るの
     くり返す このポリリズム
     あのメッセージ まるで恋だね
     くり返す いつかみたいな
     あの光景が・・・

     『あのメッセージ』とは何を意味するのか。CMの制作意図からするとリサイクルであり、環境保護なのだろうが、CDとしてリリースされた同じサビの歌詞を見て頂きたい。

     くり返す このポリリズム
     あの衝動は まるで恋だね
     くり返す いつかみたいな
     あの光景が 甦るの
     くり返す このポリリズム
     あの反動が うそみたいだね
     くり返す このポリル一プ

     『メッセージ』という言葉が『衝動』という言葉に置き替わっている。『衝動』という言葉がCMにそぐわないのでCM版では『メッセージ』に変更させられたのだろうか。むしろ、中田ヤスタカは意図的に言葉をすり替えたのではないだろうか。『あのメッセージ まるで恋だね』という言葉がリフレインされることで視聴者の興味を『あのメッセージ』の本当の意味を知りたいという欲求に向かわせようとしたのではないか。中田ヤスタカの楽曲は何度も繰り返されることで彼の楽曲の良さが伝わってくる。何度も聴いている内に気になってしょうがなくなる。私の友人もテレビで流されるポリリズムを何度も聞くうちにPerfumeが気になってしょうがなくなり、動画を見、CDを買い、いつのまにかPerfumeにハマってしまったという。

     この世界をつき動かしているのは響き合う人の鼓動であり、そこから生まれる衝動ではないのか?

     以前ポリリズムについて書いた記事があるので読んで頂ければと思う。

    ポリリズム

     ポリリズムにはCM版とCDシングル版以外に色んなバージョンがある。ポリループがないラジオ版もあるが、デモバージョンという2007年8月11日のSUMMER SONIC 07」 @大阪ステージで歌われたバージョンがある。



     このバージョンでは現在のポリリズムとは歌詞が少し違っている。歌詞の並びが変わっているだけの部分が殆どだが、このデモ版にだけ存在する歌詞がある。

     「ほんの少しのキミの思いが 何かに変わる 偶然じゃない」

     中田ヤスタカはcapsule以外は提供する歌手のために楽曲を作ることをポリシーとしている。だから提供する歌手が変われば、曲の雰囲気も歌詞も変わる。そしてポリリズムという歌はPerfumeの3人のために作られた歌だ。そして3人への想いがあふれてしまった歌詞だからこそ、あえて削ったのではないだろうか。
     中田ヤスタカが楽曲を提供した歌手の中ではPerfumeが一番長い付き合いだ。中学生の頃は何を言っても「ハイハイ」と優等生のようにしか返事をしなかった3人が、他の二人のレコーディング中にゲームに興じるまでになり、ほんの少し関係性が変わっていった。

    20070504中田氏宅

     違った個性を持つ3人が織りなすリズムが、声が、合わさった時の美しさをレコーディングをしながら中田ヤスタカは知るようになる。裏表ない素直な3人に中田ヤスタカも心を開いていく。最初は泣きながらレコーディングしていたPerfumeの3人が親戚のオジサンみたいな親近感をヤスタカに感じるようになっていた。ヤスタカは制作現場の最前線にいて次の仕事に関わってくるためPerfumeの解散の危機も知っていただろうと思う。秋葉原でストリートライブをやり警官に止めらたことや、ビラを配ったり、雪に降られて中止になったことや、他愛のない話の中で聞こえてくる彼女達の声をキーボードを打ちながら拾っていたと思う。だからこそ、ポリリズムは3人にとって最後のチャンスかもしれないと彼は思ったのではないか、普通の中高校生が送るような部活や学校生活を捨て、ただ、音楽が好き、踊ることが好きという想いを伝えるためだけにレッスンを重ね、ライブをやり続けた3人が生き延びる道を閉ざしてはならない。キミたちがやってきたことに無駄なことなんかひとつもないんだ。その想いはきっと伝わるんだ。その想いがあふれすぎた歌詞を削りポリリズムは完成した。

     ほんの少しの 僕の氣持ちが
     キミに伝わる そう信じてる
     とても大事な キミの想いは
     無馱にならない 世界は迴る
     ほんの少しの 僕の氣持ちも
     巡り巡るよ

     そうした想いはファンの中にも伝わっていった。Perfumeファンになった人が必ず陥る想いがあった。何故、もっと早くPerfumeの曲に出会わなかったのか、何故もっと早く彼女達を応援できなかったのかと。そんな贖罪の気持ちを込めてCDを買いライブに足を運ぶようになるファンは多い。
     そして、9月12日「ポリリズム」がいよいよリリースされる。
     その頃の2chanのメッセージを拾った動画を見て頂きたい。



    リリースされたポリリズムのCDのB面に「SEVENTH HEAVEN」という曲がある。その曲の感想をのっちが語っている。

    のっち「君のためなら死ねるっていうすごいラブソング。
     中田さんも『踊りながら泣ける』っていってました。」
    以前、「SEVENTH HEAVEN」について語った記事があるので良ければ見てください。

    SEVENTH HEAVEN

     「SEVENTH HEAVEN」という曲は中田ヤスタカがPerfumeの3人に送ったラブレターだったのかもしれないと今では思う。

    スポンサーサイト

    2013.12.30 | コメント(6) | トラックバック(0) | Perfume

    コメント

    何度も何度も読み返した…

    この瞬間【 この時期のことです 】が、今の全てに繋がっているんですよね〜

    もし、ひとつでもピースが合わさらなかったら…考えただけでも恐ろしいですね(T_T)

    木村カエラが反応したことも、新幹線の事故で番組前半を任されたことも… すべてすべてがあのLEVEL∃に繋がっている

    この瞬間がなかったら、私が居酒屋で長渕剛の歌をBGMに「関さんのPVには愛という落ちがある」説を熱弁することもなかったんでしょうね(^_^)

    2014-01-07 火 14:58:56 | URL | セラミックおじさん #- [ 編集 ]

    Re: 何度も何度も読み返した…

    コメントありがとうございます。
    何度も読み返すほどのものではないのですが、
    エピローグとして1月末にこれまでのPerfume研究のまとめを書くつもりです。

    これまでテーマを決めて書いてきたのですがそのテーマの私なりの結論はあえて書いてきませんでした。
    読んだ方の受け取り方は様々だし、テーマにそってインタビューや動画の編集をしてるだけなので。
    『アイドル』とかテーマがでかすぎて中途半端になってしまったものもあります。
    家族というあえて書かなかったテーマもあります。
    家族との関係はPerfumeの形成過程で一番重要なファクターだと思いますがプライベートな部分であり、
    今の段階では、フィクションにしないと書けないと思ったからです。

    そんなことを補足して書けたらと思います。

    2014-01-07 火 17:30:39 | URL | ノッチ森永 #- [ 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2014-01-23 木 03:24:32 | | # [ 編集 ]

    Re: 突然長文失礼します。

    長文のブログを読んでもらってコメントまで頂きありがとうございます。

    私も泣きながら書いたいりしてるところがあり恥ずかしい限りなのですが、
    音楽に対する素養も知識もない私がブログを書くことで随分勉強になりました。
    特にアイドルについては全く知識がなかったので
    これほど広く深い領域になっているとは調べてみてビックリしました。
    書ききれなかった部分が多々あり、Perfumeとは別にいつか書き出してみようと思ってます。

    私はYouTubeで知りあった仲間(砦)がいて一緒にライブに行ったりチケットを融通しあったりしてます。
    気の合うPerfume仲間を見つけるのもひとつの有効な楽しみ方かもしれませんよ。
    このブログがPerfumeファンのために少しでも役立てばうれしいです。
    ありがとうございました。

    2014-01-23 木 10:35:12 | URL | ノッチ森永 #- [ 編集 ]

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    2015-07-19 日 05:57:19 | | # [ 編集 ]

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます。
    Pefumeが持つ物語はすごさは他のアイドルのようにプロデューサー主導で作られたグループではなく、
    広島の小学生の女の子達が持った夢が中核にあって様々な才能が共に成長していった物語だと思います。

    Perfumeの動画を作成してアップした私のサイトもありますので、よろしければそちらもご覧ください。

    https://www.youtube.com/user/MrNMorinaga/videos

    2015-07-19 日 11:55:56 | URL | ノッチ森永 #- [ 編集 ]

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    «  | ホーム |  »

    FC2Ad

    プロフィール

    ノッチ森永

    Author:ノッチ森永

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    つべこべ

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    音楽
    1447位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    動画
    23位
    アクセスランキングを見る>>

    つべこべON

    現在の閲覧者数:

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。